うなぎ

7月29日は土用の丑の日ですね。

 

先日、一足早く友人がやっているお店『和づち』へうなぎを食べに行ってきました。

 

写真

ところで、どうしてうなぎを食べるようになったのかを調べてみました。

 

7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないといわれてます。

 

実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。

 

知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのをみて、店の前に『土用丑の日、うなぎの日』という貼り紙をしたのです。

 

これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。

 

元々この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物=「うなぎ」として定着したのでしょう。

 

なるほど。。。

 

それから、実はうなぎのさばき方や焼き方が関東と関西で違うんです。

 

関東ではうなぎは背開きが基本で、昔の関東は武士道精神が根付いた文化で、腹開きは=切腹を意味するものとして好まれず、背開きになったというのが有力説みたいです。

 

焼き方は一度蒸して不要の脂肪を除いてから焼くのが主流です。

 

関西ではうなぎを腹から開き、頭を付けたまま金串を刺し焼き上げます。そのルーツは昔から商人の町として栄えてきた大阪は「お互い腹を割って話をしよう」そんな意味合いがさばき方に反映されたらしいです。

 

terada

 

 

 

 

No Comments